新卒入社

蝦名 潤Jun Ebina

サービス開発チーム

スキルアップのスピードは想像以上。
どこでも通用するエンジニアになれる。

はこだて未来大学を卒業後、FANTAS Technologyにエンジニア採用で入社。入社わずか半年で、社内エンジニアとして幅広い業務を担当し、FANTASに欠かせない存在に。休日も大学時代の同級生とアプリ開発に勤しむ、根っからの理系男子である。

早くスキルアップしたい自分に、FANTASはピッタリの会社だった。

大学でプログラミングを学んだので、エンジニアとして就職しようと考えていました。エンジニアはお客様である他企業のシステムを作るIT系企業に就職するのが一般的だと思うのですが、私は最初から自社のシステムを作る社内エンジニアになりたいと思っていました。その理由は、社内エンジニアはプログラミング以外のスキルを学ぶ機会が多いのではないか、と考えたこと。また、外部から受注した仕事は、納期や仕様がお客様の都合に左右されますが、社内ならばコミュニケーションが取りやすく、自分がやりたいことを直接言えるからです。
また、たとえ忙しくても早い段階でスキルを確実に身に付けたい、そのためには早くから裁量権が与えられるベンチャー企業のほうが自分に向いている、と考えていました。そんな時に出会ったのが、FANTASです。現在の上司がFANTASのテクノロジー化の理想と、今の現実を話してくれたのですが、そこにはまだ大きな乖離があり、もし入社したらやることが山積みでめちゃくちゃ忙しいだろうな、と感じました(笑)。しかし、その分、スキルは確実にアップするし、システム部門の人数も少なかったので、自分の裁量でできる範囲が広いだろうと感じ、入社を決めました。

小さな失敗をリカバリーするたびに経験値が増えていく。

入社してみると、覚悟はしていましたが、予想以上にやることが山積みで忙しいですね(笑)。まず、社内システムなので、FANTASの社員がどのような仕事をしているのか、理解しなくてはなりません。そのうえで、どこが不便で、どんなふうに改善すれば仕事がしやすいのかを考え、改修していきます。試行錯誤しながら進めていますが、社内エンジニアの良いところは、コミュニケーションロスが少なくて、もしうまくいかなくてもすぐにリカバリーできること。小さな失敗は多々あるんですけど、それだけ自分の経験値が増えている手応えがあります。
また、焦って不完全なものをあわてて納品するよりも、少し時間をかけて良いモノを作ろう、という雰囲気があるので、自分が納得するまでやってみることができます。その点も、社内エンジニアのメリットですね。

FANTASで3年働けば、どこでも通用するスキルが付く。

スキルアップのスピードも、想像以上に早いです。現在入社して半年ほどですが、すでに現場で手を動かしていますし、最近はひとりで営業部門をはじめ、他部門とのミーティングに出席して、要件をまとめるようになりました。その後、設計や実装に入るのですが、すでに自分で自分の仕事を作れるようになっています。学生時代の同期は、ようやく配属が決まって、まだシステムを触ってない、という人も多いです。わずか半年で4〜5ヶ月はリードしたことになりますよね。
上司からは「3年やれば、どこの会社でも通用するスキルが付くようにする」と言われています。確かに、社の規模が小さいためにカバーしなくてはならない範囲が広いですし、上司や先輩エンジニアはスキルが高いので、日々勉強になることばかりです。自分のスキルも確実にステップを上がっている実感があるので、3年いれば必然的にどこでも通用するエンジニアになれる、と確信していますね。

社内エンジニアのメリットを生かし、プログラミング以外のスキルも。

将来的には、入社時に考えていたように、プログラミング以外のスキルも身に付けたいと考えています。具体的には、マーケティングについて学びたいと思っていて、モノづくりをするプログラミング、モノを売るマーケティングの両方のスキルがあれば、自分ひとりで完結できるので、インターネットという販売チャネルがある今、何があっても生きていけるかな、と思ってます(笑)。それを実現するかどうかは別の話として、せっかく社内にマーケティングのプロフェッショナルがいるのだから、この環境を生かしたいですね。
FANTASは、早くスキルアップしたい人、座学の勉強よりも実際にシステムに触って学びたい人に向いています。また、エンジニアと言うと、すごく忙しい印象がありますが、私はほとんど残業はありません。また、就職で初めて東京に出てきたので、恵比寿の多種多様な飲食店が本当に新鮮で(笑)、ランチはいつも外食しています。自分の時間もたっぷりありますし、とても充実した社会人生活のスタートを切ることができています!

各採用詳細につきましては、下記リンクボタンよりご確認ください。
不明点などにつきましては、お問い合わせページよりお気軽にお問い合わせ下さい。