FANTASを。
もっと素敵に!

美術系の大学を卒業後、デザイナーの道へ。前職では広告制作会社でデザインの仕事に従事。有名企業のデザインにも携わった後、FANTAS technologyに入社。現在、女性向けの販促物・WEBページを中心にしたデザイナーとして従事。

中途入社

石原 愛Ai Ishihara

UIUXデザインチーム

会社のイメージも変える事が出来る仕事。

私たちが日ごろ行っているデザインは、無くてもいいものです。でも、デザインをする事で印象がプラスになったり、視覚から入る感情を左右する事が出来ます。

現在、私は女性向けサイト・セミナーに関わる全てのデザインを任せて貰っていて、例えば、セミナー中に使う資料、案内板から招待状、WEBサイトに至るまで、幅の広いデザイン物などです。それを一貫して私が担当する事で、WEBからリアルのすべてを、統一感のあるデザインにする事が出来ています。元々あるデザインをブラッシュアップする事はもちろん、それまでにない物はデザインを起こす所から行う事も多々。

多くの方が目にし、手に取る物1つ1つをデザインする事は、会社のブランディングにも繋がっているので、責任が重い分、やりがいも大きな仕事だなと感じています。

会社の顔としてのデザイン。

入社から今までの最大のプロジェクトは、社名変更に伴う新しいロゴのデザインでした。これはデザインチームのメンバーで何度も試行錯誤を重ねて作り上げ、その分思い入れのあるデザインです。その成果物が会社の顔として、例えば会社の看板、名刺、WEB上と様々な所で使ってもらえるのは、いつものデザインとは違う喜びがありました。

広告のデザインを担当する事もあり、2種類のデザインを作成するとどちらの方がどれだけ反応が良かったかを目の当たりにすることが出来ます。デザイナーとしての腕を数値として分析できることも、よりスキルを高める事が出来る要因の一つになっています。

こうしたい!が出来る環境。

前職での広告制作会社では、広告代理店がクライアントからどのようにしたいのかという要件を細かくヒアリングし、それを聞いて要望通りにデザインしていました。様々な企業のデザインに携わり、たくさんの系統のデザインが出来、非常に勉強になる日々を送っていました。
でも、デザインをすればするほど、そのデザインに自分の意志も入れたデザインをしたいと思うようになりました。もっとこうした方がいいのにな…そんな気持ちを思いっきりぶつける事が出来る環境で働きたい!そう思っていた時に出会ったのがFANTASです。

面接後に社内見学をさせて貰ったのですが、若くてエネルギッシュな社員が多く、私もここで働きたい!と素直に思った半面、その気力についていかなきゃ!と強く思った事を覚えています。

直接反応を見る事が出来る環境。

FANTASの好きな所は、小さなフィードバックもちゃんとしてくれる人が多い事です。私たちが作ったデザインをみて、可愛い~!いいね~!と声をかけてくれる人がたくさんいます。その他にも、お客様からも可愛いって言われたよ!という声も教えてくれます。

前職の広告制作会社にいたときには、なかなかお客様の声を直接聞く事が出来なかった分、生の声を聞く事が出来る事はやりがいに繋がっています。

現在任せて貰っている仕事は、女性目線を活かした、『可愛い』『綺麗』なイメージのデザインを中心に行っています。女性ならではのセンスや感性を最大限に生かした仕事はとても楽しいのですが、その一方で、幅の広いデザイナーになりたいという想いもあります。今後は男性向けの『カッコいい』『クール』なデザインやキャラクター、サービスのプロモーションまで行っていきたいです。

各採用詳細につきましては、下記リンクボタンよりご確認ください。
不明点などにつきましては、お問い合わせページよりお気軽にお問い合わせ下さい。