中途入社

神崎 拓真Takuma Kanzaki

デジタルマーケティングチーム
リーダー

Webマーケティングの力で、
新しいお客様を増やしていく。

大学卒業後、地方銀行に就職。しかし、銀行の仕事が肌に合わず、一転してベンチャー企業のスタートアップに参加。Webマーケティング会社を経て、FANTAS technologyに入社。現在はマーケティングチームのサブリーダーとして、各部署の事業を支えるだけでなく、チーム内のナレッジ強化や後輩の育成にも力を注いでいる。

自分たちの会社の集客だから、やりがいも喜びも大きい。

FANTASのマーケティングチームの役割を一言で伝えるならば、各事業部への集客支援です。当社は事業会社だからこそ、効果的なマーケティングによって営業とお客様を繋ぎ、事業や会社の発展に大きく貢献することができるのです。
具体的な仕事は、営業部のメンバーとWeb広告などの内容をすり合わせたり、社内のデザイナーと協力して自分たちのこだわりを表現に反映させたり。FANTASの様々な役割を持ったメンバーや社外の協力パートナーと連携しながら取り組んでいます。

決定したことをすぐ実行でき、フィードバックもすぐもらえるのは、社内にマーケティングチームを持つ当社の大きな強みの一つ。それに、やっぱり自分たちの会社のマーケティングなので、僕らも結果が出ると心からうれしいですよね。

メンバーをイチから育てる環境がある。

当社くらいの規模の会社のマーケティングチームでは普通、すでにノウハウを持っている人を採用することが多いと思うのですが、現在このチームにいる私以外の2人のメンバーは未経験からのスタート。これは何事も試行錯誤しながらやってみるという当社の社風の表れかもしれません。

結果、1人はすでにバリバリやっていますし、新卒でこのチームに配属になった子も日に日に実力をつけています。彼らと一緒に仕事をする上で心がけているのは、まずは自分で考えて一通り経験してもらうこと。
当社には、どんなにくだらない発想でも口に出せる風通しの良い雰囲気がありますし、何かあったらすぐに相談に乗ってくれる先輩や上司もいる。2人が自分たちで考えた企画や手法で結果が出た時は、自分の仕事とはまた違う喜びがありますね。

「この人と一緒に働きたい」と思った。

もともと安定を求めて、地方銀行に就職しました。しかし、機械でもできるような作業を日々くり返す仕事に疑問を感じはじめ…。結局、1年で辞めることにしたのです。転職の際も会社選びの基準は将来の安定でしたが、そのためにはもっと経験やスキルが必要だと思い、ベンチャーのスタートアップに参加。以来、Webマーケティングの仕事をしています。

FANTAS technologyに入社したきっかけは、役員の田中との出会い。もともと前職のお客様だったのですが、的を射た発言や、何事も自分の責任として捉え、一緒に考えようとしてくれる姿勢に魅力を感じ、「この人と一緒に働きたい」と強く思ったのです。
ちなみに、入社後は田中だけでなく、この会社の多くの人たちの人の良さに惹かれています。

とくに印象に残っているのは、第一子が生まれた時のこと。いつも通り出社しようとし、上司に「妻から連絡が来たら、会社を抜けるかもしれません」と相談したんです。無理を承知でしたが、「それくらいなら、もう行きなよ」と送り出してくれて、すぐに愛媛まで飛び、我が子の誕生の瞬間に立ち会うことができました。
こうした気持ち良いメンバーに囲まれて仕事ができるのは、本当にありがたいですね。

業界を変えること。チームを育てること。

上司と飲みに行ってよく話すのは、いつも将来の目標のこと。たとえば、不透明な部分も多い不動産業界にテクノロジーの力で光を入れ、少しでもクリアにしていくことができれば、業界自体を変えていくこともできるのではと考えています。
実際、この業界のWebマーケティングで当社は最先端を走っていると思いますし、私たちの取り組みによって初めて投資に興味を持ってくださるお客様もいます。そのくらいの力がWebマーケティングにはある。

一方でWebマーケティングは、どうしても数字の捉え方やアイデア、手法がその人の経験値に依存してしまいます。教育ノウハウを蓄積し、誰が担当しても成果を出せるようなチームにしていくことも、私の目標の一つですね。

各採用詳細につきましては、下記リンクボタンよりご確認ください。
不明点などにつきましては、お問い合わせページよりお気軽にお問い合わせ下さい。